安城ハピネス接骨院

予約優先0566-93-1638 お問い合わせはこちら
MENU

扁平足

こんにちは、安城ハピネス接骨院
鍼灸師の岩澤です!

先日まで、お盆で実家に帰省しておりました。
今回は台風が接近中ということで、毎年恒例の親戚家族でのBBQは中止になってしまったのですが…姪っ子と一緒にお出かけしたり、父親とサシで飲めたり濃い毎日を送れた気がします。珍しく、夏バテとも今年は無縁で来れています。
8月後半も頑張っていきましょう!

本日のブログは「扁平足」についてお話しいたします!

扁平足とは…
足の裏は骨・靱帯(じんたい)・筋肉によって、
アーチの構造を作っています。

このアーチは、内側・外側縦方・前方横方向のアーチで作られています。
これらのアーチは、歩行時の衝撃を吸収するバネのようなはたらきをしています。

アーチを作るメカニズムに異常がおこると、アーチがくずれて、土踏まずの部分が無くなり、衝撃を吸収できず痛みが起こります。

これが扁平足です。

全体重のかかる足には、スポーツや歩行、日常生活などにおいて、いろいろな部位に痛みが生じます。扁平足では歩行の衝撃を吸収できません!

主に足の痛みや疲労感が出ますが、太もも・ふくらはぎ・膝・足首・腰にも痛みがおこることがあります。

また激しい動きのもの、陸上競技・サッカー・バスケットボールなどのランニングやジャンプ動作の多いスポーツにおいて、慢性障害が多く発生します。

足の慢性障害には、種子骨障害、外脛骨障害、足底腱膜炎、踵骨々端症、踵骨滑液包炎などがあります。

症状がひどくなると
歩行が困難になったり、重度の場合は手術を行うこともあります。

 

予防方法は幾つかあり

①足部、ふくらはぎのストレッチ

足底・ふくらはぎの筋肉の柔軟性が落ちると、アーチの形成が崩れて衝撃吸収ができなくなります。長く立ったり、歩いたりした場合にはケアしてください。

②スポーツ後のアイシング

激しい動きをした後は、足の関節や筋肉に大きなダメージが入っています。そのままにすると、炎症を起こし痛みが強く現れることがあります。

③足にフィットしたシューズの選択

適正なサイズの靴を履いていないと、歩行時・運動時に靴の中で足が動いてしまい、足底に大きな負担がかかります。アーチの形成が崩れるのはもちろん、扁平足以前に足首を捻挫したり、歩き方が変化して骨格にかかる負担も大きくなります。サンダルなどは注意しましょう。

④足底装具の使用

インソールで、アーチをサポートすることで衝撃から足を守ることができます。長時間の立ち仕事、革靴などでたくさん歩く方はサポートしてあげると良いでしょう。

 

一度症状が発症してしまった時はスポーツであれば、練習量を減らすか、一定期間の休養。日常生活から発症した場合はアイシングや湿布、足底のマッサージをします。

扁平足の症状は「ハピネス接骨院」で治療できます!

筋肉に対する治療、骨格に対する治療、炎症を軽減させる治療など…皆様の症状に合わせたものを提案させていただきます。

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ