安城ハピネス接骨院

予約優先0566-93-1638 お問い合わせはこちら
MENU

外反母趾

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
安城ハピネス接骨院の廣村です。

安城ハピネス接骨院に配属になり1週間が経過しましたが、
慣れない生活に慌ただしく動いております。

GWが近づいています、皆さんはGWの予定はお決まりでしょうか?

ハピネスグループはGWも通常通りやっております!
空いた時間がございましたらお気軽にお越しください

今回のテーマは「外反母趾」です。

外反母趾といえば女性に多い症状といいますが、
何故、外反母趾になってしまうのか、
足の指がどうなってしまっているのか見ていきましょう!!

外反母趾とは、足の変形のことで、母趾(足の親指)の付け根の関節が第二趾のほうに「くの字」に曲がったものをいいます。

母趾の関節は通常、外側の第二趾のほうに沿って曲がっていますが、この角度が20度以上のものを外反母趾とすることが一般的です。母趾の付け根の関節は足の内側に大きく突き出し、靴との摩擦で強い痛みを生じるため、歩行障害の原因ともなりえます。

 

どんな方に多いのか。

中年以降の女性に多く発症しますが、最近ではハイヒールが原因の外反母趾が20~30代女性に多くみられています。

 

原因は何なのか。

外反母趾の原因には、生まれながらの解剖学的な特徴である遺伝的な要因と、生活習慣が大きく関わる非遺伝的な要因があります。

遺伝的要因による外反母趾は若年者にも多くみられます。扁平足や開張足、母趾関節の不安定性、足趾の長さ、関節が緩みやすいなどの原因が挙げられます。

特に扁平足や開張足では足のアーチ構造が崩れ、立位になると足趾の関節が全体的に扇状に広げられます。この場合、靴を履いたときに、広がった足先が靴先に圧迫されて外反母趾を誘発すると考えられています。

肥満による過剰な体重負荷や筋力の低下などによって足のアーチ構造が崩れ、さらにハイヒールや足先の細い靴を履くことで足先に過剰な力が加わって、外反母趾を引き起こすとされています。

 

当院では骨盤矯正や足の骨のアライメントを整える事、テーピングを行い、施術致します。

また、足の重心が悪いので、片足立ちを行わせるトレーニングや、タオルギャザーを自宅でのケアとして行って頂きます。

 

足の事で、悩まれている方いつでもお気軽にお電話ください。

TEL0566-93-1638

URLhttps://www.anjousei.com/

 

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ